Mebiusbox 2.x ユーザーガイド

スコープとセレクタ

Mebiusbox2 では、テーマ(配色)やフォントの設定の仕方が特殊です。
ここでは、スコープセレクタという2つの重要な概念について説明します。
これらを理解すれば、テーマやフォントの設定を変更することができます。
そんなに難しくないので、1つずつゆっくり理解していきましょう。

スコープとセレクタは文字列

です。

スコープとセレクタは1つ、または複数の要素名がドット(.)でつながっています。

セレクタはスコープを選択する

セレクタは、スコープを指定するためのものです。
セレクタの最初の要素(左)から順番に全て一致したものが選択されます。

例えば、item
item.view
item.view.mix
という3つのスコープがあります。
これに対してitemというセレクタを指定すると…
item
item.view
item.view.mix

全てのスコープが選択されます。

それでは、item.viewというセレクタを指定すると…
item
item.view
item.view.mix

item.view と item.view.mix の2つを選択します。

そしてitem.view.mixというセレクタを指定すると…
item
item.view
item.view.mix

item.view.mix だけとなります。

ここでviewというセレクタを指定すると…
item
item.view
item.view.mix

どれも一致しません。セレクタの最初の要素と、スコープの最初の要素は一致しなければなりません。

別の例を見てみましょう。
item.view.detail
focus.item.view.detail
という2つのスコープがあります。

これに対してfocusというセレクタを指定すると…
item.view.detail
focus.item.view.detail

focus.item.view.detail が選択されます。

一致する要素が多いセレクタが優先される

item.view.detailというスコープがあります。
これに対して、item.viewitem.view.detailの2つのセレクタがあった場合、 item.view.detailが優先されます。

これでスコープとセレクタの説明は終わりです。