更新履歴 : ComicPicker

0.6.3

  • Fixed: 「すぐにファイルを移動する」の状態で移動すると、移動したファイルがファイルリストから消えてなかった不具合を修正

0.6.2

  • Fixed: ゴミ箱に削除やドロップ先フォルダへの移動をすると強制終了する場合がある不具合を修正しました。

0.6.1

  • Improved: WindowsXP でメニューバーの表示がおかしくなる不具合を修正しました。

0.6.0

  • Improved: ファイルパネルに「ファイルサイズ」「作成日時」「更新日時」のカラムを追加できるようにしました。
  • Improved: ファイルパネルでソートできるようになりました。

0.5.0

  • New: PDF 文書も閲覧、整理できるようになりました。(別途 pdfimages.exe, pdfinfo.exe が必要です。詳しくはヘルプを参照してください。)

0.4.0

  • New: 抽出機能に、PDF 形式を追加しました。
  • New: ファイルの移動先を設定してから、一括で移動する機能を追加しました。
  • Improved: ビューア上部のツールバーに、ページ数を表示するようにしました。また、そこにページ数を指定して移動することができるようになりました。
  • Fixed: 抽出:書庫内のファイルに日本語名が使われていた場合、書庫を作成できない場合がある不具合を修正しました。

0.3.1

  • Fixed: 抽出機能で開始ページが1ページずれてしまう不具合を修正しました。

0.3.0

  • New: 画像ファイルも整理対象になりました。
  • New: 名前の変更と抽出機能を追加しました。
  • Improved: コンテキストメニューを表示できるようにしました。
  • Improved: ドロップ数を 10 から 50 に変更しました。

0.2.2

  • Misc: Visual Studio 2010 でビルド
  • Misc: Gdi+ を使用するようにしました。
  • Added: オプションに「ゴミ箱へ移動するときに確認メッセージを表示する」を追加しました。[#0000164]

0.2.1

  • Improved: オプションを追加しました。
  • Improved: ログを出力するようにしました。
  • Improved: キーボードで振り分けられるようにしました。
  • Improved: ドロップ先に同名のファイルがあった場合、末尾に (数字) を追加してリトライするようにしました。
  • Improved: ドロップパネルの表示を改善しました。
  • Improved: ドロップ後、自動で次のファイルを開くようにしました。

0.2.0

  • Added: 拡大縮小機能を加えました。
  • Added: アンシャープマスクフィルター機能を加えました。
  • Improved: 上部のアドレス部分をエクスプローラライクにしました。
  • Improved: ドロップペイン、ファイルリストペインをドッキングウィンドウに変更しました。
  • Improved: 「左へ」「右へ」を「進む」「戻る」に変更しました。
  • Improved: アイコンを変更しました。
  • Improved: メニューの構成を変更しました。
  • Improved: ウィンドウのサイズを保存・復帰するようにしました。
  • Improved: MFC DLL が必要なくなりました。

0.1.1

  • Improved: ドロップエリアを上部に表示するようにしました。
  • Fixed: lzh形式の書庫をまともに扱えない不具合を修正しました。
  • Fixed: 強制終了してしまう不具合を修正しました。

0.1.0

  • first release.