XAMPP + WordPress + ウィルスバスター2007

Tips

「XAMPP」
こんな便利なものがあったんですね。Apache, MySQL, PHP 等の環境が簡単にインストールできるパッケージです。

WordPress を使用するにあたって以下の書籍を参考にしました。XAMPPもそれで知りました。

「WordPress2.2でつくる!最強のブログサイト」、乙彼三太郎・田中広将著、ソーテック社

XAMPP環境にWordPress のインストールは簡単だけど落とし穴が1つ。
インストール時や記事の投稿などでウィルスバスターが有効になっていると処理が正常にされません。
色々調べてみたら WordPress からのメール送信が原因のようでした。ググってみるとインストール時にはウィルスバスターを一時的に無効にすればインストールできるといった記事を見つけることが出来ますが、記事やコメントの投稿もそれが原因で上手くいきません。さすがにその度にウィルスバスターを無効にするのは避けたいので何とかしたいところ。個人的にはメールなんて勝手に送ってほしくないのでメール送信を無効にする設定を探してみたけどそれらしいものは見つかりませんでした(WordPressME 2.2.3)。また、メールアドレスを空に設定しても効果なし。

しょうがないので、コードを直接変更することにしました。「mail」でgrepしてみると wp_mail という関数を発見。ググってみるとどうやらこの関数でメールを送信しているみたいです。なので、その関数を変更してみました。

wordpress/wp-includes/pluggable.php, 160行目にこの関数があります。

global $phpmailer;

の次行に

return TRUE;

を入れます。
これで、ウィルスバスターが有効でも問題なく記事やコメントの投稿が行えました。
面倒なことです。


« »

コメントは受け付けていません。