7月2009

[開発] CodeMage (09/07/31)

開発

Preferences の 「smartTypingPairs」、「highlightPairs」、「showInSymbolList」に対応しました。

screencast_code_mage_2

ただ、本物の TextMate が手元にないので、挙動が違うかもしれません。

[開発] CodeMage – TextMate に刺激されて作成中…

開発

TextMate のスクリーンキャストを初めて見たときから、刺激されて、挙句の果てに作ってみようかなと。
ドキュメントを調べるたびに、よく出来ているなあと思って凹んでいる訳ですが。

とりあえず、重要な要素である「スコープ」、スコープを割り当てるための「言語文法」、スコープごとにフォントや色を変更する「テーマ」、そして「スニペット」。これらを実装することを当初の目標としました。
バンドルやテーマファイルは TextMate のものをなるべく利用できるように、また、正規表現ライブラリも本家に合わせて鬼車を採用。

まだ、よくわからないところなど残っていますが、あらかた目処がたったので、ちょっとデモを公開。

screencast_code_mage

言語文法からスコープの割り当ての部分でかなりてこずりました。ただ、このコア部分が出来れば何とか使えなくもないレベルまで到達できると思います。
あとは、自動補完などに対応すれば実用レベルにリーチといった感じでしょうか。

この動画は Wink を使って作成しました。
デスクトップでの動作をキャプチャして、FLASH 形式で保存できます。吹き出しも簡単に追加できます。これは便利ですね。

[.Net] NDoc でドキュメント生成

開発

NDoc はオープンソースソフトウェアで、アセンブリファイルとXMLファイルからドキュメントを生成します。

詳しくは、以下のサイトが参考になります。

.NET Tips: NDoc の紹介

[.Net] Sandcastle でドキュメント生成

開発

Sandcastle は C# のプロジェクトからドキュメントを生成するツールです。

今回は、Sandcastle, Sandcastle Help File Builder を使ってドキュメントを生成してみました。
ダウンロードについては、以下のサイトが参考になります。

[.NET] Sandcastle Help File Builder を使って、ソースコードからドキュメントを自動作成しよう

上記サイトで紹介されている Sandcastle Help File Builder はバージョンが古いのか、現在ダウンロードできる Sandcastle Help File Builder とは、インターフェイスが違っています。

ここでは、Sandcastle Help File Builder 1.8.0.2 での設定方法です。
まずは、ドキュメントを作成したいプロジェクトの設定で、「ビルド > 出力 > XMLドキュメント ファイル」を有効にしておきます。
アセンブリファイルも必要なため、ビルドもしておきます。

次に Sandcastle Help File Builder を起動し、新規プロジェクトを作成します。
その後、ドキュメントを生成するプロジェクトファイルを指定します。
「Project Explorer」の「Documentation Sources」を右クリックして、「Add Documentation Source…」を選択し、*.sln ファイルを指定します。そして、追加した sln ファイルを選択し、下のプロパティで、「Configuration」と「Platform」を必要に応じて設定します。

sandcastle_snap0001
sandcastle_snap0002

あとは、「Build Project」でビルドするだけです。

[VerUp] DiskCatalogManager 2.2.5

ソフトウェア

2.2.5 – 2009/07/20
——————–

* Fixed: [#0000134] 検索結果パネルに対して、オプションの設定が反映されない不具合を修正しました。
* Fixed: [#0000135] フォルダーパネルにおいて、ツリーが破損したり、選択位置がおかしくなる不具合を修正しました。
* Improved: [#0000136] プロパティパネルにおいて、コーデックや ID3Tag 情報も表示するようにしました。また、表示されている情報をクリップボードへコピーできるようにしました。(左クリック、もしくは右クリックでメニューを表示)

« old entry