7月2008

最近プレイしたゲーム

雑記

最近はプレイしたいゲームが沢山あるんですが、その中でも厳選して購入したものが2本あります。

まずはDSの「国盗り頭脳バトル 信長の野望」です。歴史SLGは好きなので。
ほぼ通勤時間だけプレイして、シナリオは番外編をいくつか除いてクリアしました。面白かったです。
基本的な3すくみでだけでなく、兵力が多ければ例え相手が苦手なタイプでも関係なく勝てたり、かといって、兵力が低くても特技で勝てたりと一筋縄では行きません。
あと、国政はまったくやらないので、戦闘に集中できてテンポもすごく良いです。

ただ、残念ながらいくつか不満がありました。行動決定後の武将の情報が見えない、知行が高い(それぞれ武将には知行パラメータがあり、出陣するときは決まっている知行ポイント分、武将を選べる)、武将獲得の必要名声が高すぎる。特に、あと2つは残念で仕方ない。せっかく、いろんな武将使って楽しみたいと思っても時間かかる。名声50が24人も…。シナリオを番外以外ほとんどクリアしても名声99しかない。一回の戦闘で最大10の名声、時間は10分程度といっているけど難易度高くないと名声は多く手に入らないし、かといって10分程度じゃ終わらないよ?。仮に10分で終わったとして24人×名声50=20時間、しか?し、獲得できる武将は他にも名声15が40人以上、名声2が80人以上。勘弁して?。(特定の条件を満たすと名声を使わずに獲得できるかも? レベル上げるとか、イベント見るとか?)

2本目はXBOX360の「ギターヒーロー3」。もちろん、ギターコントローラセットですよ!
PS3版がとっくに発売されてるのに、いつまでたっても発売されそうになかったので不安でしたが、無事発売されて何よりです。
音ゲーは好きですが、久しくやっていなかったし、ギターものは初めてです。
で、感想はというと、「すごい面白い」です。はい。
先週の土日にず?とプレイしてました。おかげで手首とかすごい痛いです。が、それでも毎日プレイしてます。Easy -> Medium とクリアして、今は Hard をやっています。でも、今 Career 7 の 「3’s & 7’s – QUEENS OF THE STONE AGE」で挫折中です。これは厳しい。
個人的にお気に入りは以下の曲です。

・School’s Out – ALICE COOPER
・When You Were Young – THE KILLERS
・Miss Murder – AFI
・My Name Is Jonas – WEEZER
・Even Flow – PEARL JAM
・Cherub Rock – THE SMASHING PUMPKINS
・Stricken – DISTURBED
・Cliffs Of Dover – ERIC JOHNSON
・Through The Fire And Flames – DRAGONFORCE

です。まだ、Bonus Track は全部プレイしていません。ダウンロードも試していません。
上記の中では特に「Cliffs Of Dover」「Through The Fire And Flames」が大好きです。
「Through The Fire And Flames」は Expert で上手く弾けたらさぞ気持ちいいだろうな?と夢を見つつ、目下練習中です。ですが、Medium ですらまともに弾けません。
最近はこの曲、毎日聴いています。

洋楽は好きなのですが、なかなか耳に入れる機会がないので、洋楽が入っているゲームは良いですね。バーンアウトというゲームにも洋楽が何曲も収録されています。こちらでは「Going Through Changes – Army Of Me」と「Collapse – SAOSIN」がお気に入りでした。

こんな感じです。

[開発] Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable がインストールされているかどうか

開発

Mebiusbox 1.8.4b のインストーラで Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable がインストールされているかチェックし、インストールされていなければ本体とともに自動でインストールされ、すでにインストールされていれば何もしないようにしてあります。

タイトルどおり、インストールされているかチェックするには レジストリの 「HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Uninstall/{7299052b-02a4-4627-81f2-1818da5d550d}」というエントリがあるかどうかで判断できるみたいです。間違ってたらごめんなさい。

※InnoSetup を使いこなすために Object pascal を覚える必要がありました。クセはありますが、良い言語ですね。

マインドマップ

雑記

今月はどんどん、いろんなことに触れてみよう月間です。今回はマインドマップです。

私はプログラムの設計をする場合、紙に適当に仕様を書き、次にクラス候補を挙げて、Jude を使って UML でクラス図を作成するなんてことをしてました。
実際は結構適当で、大枠は設計どおりですが、細かいところはその都度考えていく形だったりします。
流石にそれではまずいと痛感しているし、仕事で作っているソフトウェアに関しても、もっと開発効率を上げたいと思っています。
設計の重要性は認識しつつも、プログラミングをしている時間の方が断然楽しいので、すぐプログラミングしたがります。
分析・設計も一筋縄ではいかないし、ユースケース図やクラス図、アクティブティ図やらシーケンス図、状態遷移図などなど、まともるものが一杯。
作ろうとしているものが経験済みなら、それなりに出来ますが、新しい分野であれば一気にハードルが高くなってしまいます。

と、だらだらと続きを書いてしまいそうな勢いなのでこの辺にして。
要は面倒くさがりな私ですが、仕様を書いて、クラス候補を挙げて、クラス図を作るって作業がマインドマップで1つにまとめることが出来ると思ったわけです。
これは実際マインドマップを作ってみて感じた感想です。

マインドマップの特徴である連鎖的に考えてまとめていくという方法が、とても「やりやすい」です。
たとえば FileHammer というソフトを例に考えてみると、「ファイルを削除するツール」→「複数の条件を設定して削除するファイルを絞り込む」→「条件」→「ファイル名」「ファイルサイズ」「拡張子」「重複」という感じで順番に仕様を考えやすい。そして、各ノード(「」で囲まれたもの)は大体クラスになります。

「ファイル削除ツール」→ FileHammer
「複数の条件」→ RuleList
「条件」→Rule
「ファイル名」→FileNameRule
「ファイルサイズ」→FileSizeRule
「拡張子」→FileExtRule
「重複」→FileDuplicateRule

さらに関連性も出来ちゃってます。
FileHammer は RuleList を持っており、RuleList は Rule を複数まとめたものであり、FileNameRule, FileSizeRule, FileExtRule, FileDuplicateRule は Rule を基底クラスにしています。

filehammermindmap.jpg
(FreeMindを使って作った FileHammer のマインドマップ。星はクラス)

また、工夫次第で属性や振る舞いもまとめることが出来るかもしれません。

マインドマップ、素敵です。
私は FreeMind というソフトを使ってマインドマップを作ってみました。フリーで Java で動作します。図もすごい作りやすいし、便利ですね。

[VerUp] Mebiusbox 1.8.4b

ソフトウェア

1.8.4b
—————————————-

# ビューア画面でのメニューを変更しました。[#0000086]
# ビューア画面で、右上にビューア用の閉じるボタンを配置しました。[#0000086]
# 各ビューアのツールバーを作成しました。
# ツールバー用のアイコンをいくつか追加しました。
# インストーラで vcredist がインストールされているかチェックするようにしました。

[VerUp] DiskCatalogManager 1.18.1b

ソフトウェア

1.18.1b – 2008/07/20
——————–
* Improved: パスワード機能を追加しました。
* Fixed: カタログの更新で、ダイアログにパラメータが反映されない不具合を修正しました。
* Fixed: カタログの更新で、ディスク領域の情報が更新されない不具合を修正しました。[#0000087]

« old entry